マンスリーマンションのメリット3選!

費用面での安心感がある

長期出張時の滞在から住居としての活用まで、様々な場面でマンスリーマンションを選ぶ方が増えています。人気の理由はマンスリーマンションならではのメリット。この記事ではその内の主な三つについてご紹介しています。
まずは費用面。通常の賃貸物件の場合、家賃二ヶ月分程度の敷金礼金が取られるのが一般的です。一方マンスリーマンションは敷金礼金が設定されていないところが殆ど。代わりに清掃費がかかりますがこれは滞在期間によって額が設定されるので、数ヶ月以内の滞在であれば敷金礼金よりも安く済むケースが多くなっています。
物件によっては光熱費やインターネット費用も込みでの料金設定となっているところもあります。こうしたところを選べば、後からあれもこれもと支払わなくて済むというのも利点です。

入居までの流れがスムーズ

予め家具や家電が設置されているというのが二つ目のメリットになります。調理器具や食器等は自分で用意しなければなりませんが、大掛かりな引っ越しをする必要はありません。予め必要物品を持ち込むようにすれば、入居当日から自炊をしたり家事をしたりと通常通りに過ごすことができます。家具の他にインターネット設備が整っているところも多く、出張先でも自社や取引先とのやり取りが必須という方達も重宝しているようですよ。
三つ目は前払い制により入居審査なしで入居可能になっていること。
通常の賃貸物件の場合には事前に審査があり、それを通過しないと入居手続きには進めません。マンスリーマンションにはこうした審査はなく、空きがあれば当日に入居できる場合もあります。
必要になったその時に可能な限り手間や経費を省いて利用できるというのが、マンスリーマンションの魅力です。

マンスリーマンションとは1ヶ月単位で契約をする短期入居者向けのマンションです。家具家電が備え付けられているのが特徴で、出張などでマンスリーマンションを東京で探している人がたくさんいます。